2019年3月23日土曜日

中古品 SONY FM/AMチューナー ST5150












 SONY FM/AMチューナー ST5150



型式FM/AMチューナー
回路方式スーパーヘテロダイン方式
<FMチューナー部>
アンテナ端子300Ω平衡型
75Ω不平衡型(同軸ケーブルコネクター)
受信周波数76MHz~90MHz
中間周波数10.7MHz
実用感度2.0μV(IHF)
感度1.6μV(S/N=30dB)
S/N比70dB
キャプチャーレシオ1.0dB
選択度70dB(IHF)
イメージ妨害比75dB
IF妨害比90dB
スプリアス妨害比90dB
AM抑圧比56dB(IHF)
周波数特性20Hz~15kHz、±1.0dB
歪率mono:0.3%(400Hz、100%変調時)
stereo:0.5%(400Hz、100%変調時)
FMステレオセパレーション40dB以上(400Hz)
19kHz、38kHz抑圧比50dB
出力電圧/インピーダンス固定出力(Fixed):750mV/10kΩ(100%変調時)
可変出力(Variable):0~2V/1.8kΩ(最大出力にて、100%変調時)
マルチパス出力(Multipath Output)Vertical:150mV/10kΩ
Horizontal:150mV/100kΩ
<AMチューナー部>
アンテナフェライトバーアンテナ
外部アンテナ端子付
受信周波数530kHz~1,605kHz
中間周波数455kHz
感度50dB/m(バーアンテナ使用時)
30μV(外部アンテナ使用時)
S/N比50dB
イメージ妨害比45dB(1,000kHz)
IF妨害比40dB(1,000kHz)
歪率0.6%
<総合>
使用半導体トランジスタ:12(受信回路x9、付属回路x3)
FET:4(受信回路FETx2、付属回路FETx2)
ダイオード:14
IC:3個
電源AC100V、50Hz/60Hz
消費電力15W
外形寸法幅400x高さ149x奥行344mm
重量7.0kg
参照 https://audio-heritage.jp/SONY-ESPRIT/tuner/st-5150.html


今週はソニーのFM/AMチューナーST5150をご紹介します。

1973年頃のチューナーですが動作確認も兼ねて電源をいれました。

驚くほど受信感度も良くすぐに音が出て思わず声が出てしまいました。

メーターも付いて見やすく当時の面影を写してくれるようです。

明日24日よりご覧いただけますのでお越しください。

2019年3月16日土曜日

中古品 LUXMAN ラックスマン ステレオパワーアンプ M-383










LUXMAN  M-383









特徴: 8Ω 200W+200W
ブリッジモードで 700 W
周波数応答10〜70 kHz
S / N比126 dB
200 W / 8オームのDHT 0.01%
重量17.7キロ



今週はLUXMANのパワーアンプM-383をご紹介いたします。

海外で発売されていたようでなかなかに珍しいパワーアンプではないでしょうか。

ブリッジにも対応しており力強さがでるアンプですね。

明日17日より試聴できますのでぜひ。

2019年3月2日土曜日

中古品 YAMAHA プリメインアンプ CA-1000









 YAMAHA  CA-1000



型式プリメインアンプ
<メインアンプ部>
回路方式B級・A級動作切換式全段直結ピュアコンプリメンタリーSEPP OCL回路
ダイナミックパワー(IHF)B級動作時:200W(8Ω)
実効出力
両ch動作時
20Hz~20kHz:15W+15W(8Ω、A級動作時)
85W+85W(4Ω、B級動作時)
70W+70W(8Ω、B級動作時)
1kHz:15W+15W(8Ω、A級動作時)
100W+100W(4Ω、B級動作時)
75W+75W(8Ω、B級動作時)
片ch動作時 1kHz:15W/15W(8Ω、A級動作時)
100W/100W(4Ω、B級動作時)
80W/80W(8Ω、B級動作時)
全高調波歪率
A級動作時:0.1%以下(実効出力時)
0.02%以下(1W出力時)
B級動作時:0.1%以下(実効出力時)
0.04%以下(1W出力時)
混変調歪率
(70Hz:7kHz=4:1)
A級動作時:0.1%以下(実効出力時)
0.05%以下(1W出力時)
B級動作時:0.1%以下(実効出力時)
0.05%以下(1W出力時)
パワーバンド幅
(IHF、両ch駆動)
A級動作時:5Hz~100kHz
B級動作時:5Hz~50kHz
周波数特性10Hz~100kHz +0 -1dB
入力感度/インピーダンスA級動作時:330mV/40kΩ
B級動作時:775mV/40kΩ
出力端子スピーカー端子:3系統
ヘッドホン端子:4Ω~16Ω
ダンピングファクター70(1kHz、8Ω)
SN比(IHF、Aネットワーク)100dB
残留雑音0.8mV(プリ+メインアンプ、8Ω)
<プリアンプ部>
回路方式イコライザーアンプ:FET SRPP入力、Tr SEPP出力6石アンプ
マイクアンプ:2石直結アンプ
コントロールアンプ:中間エミッターフォロワー型3石直結アンプ
入力感度/インピーダンスPhono1 MC:200μV/100Ω
Phono1:3mV/50kΩ、100kΩ
Phono2:3mV/50kΩ
MIC:2.5mV/50kΩ
Tuner、AUX1、2、Tape PB A、B:120mV/40kΩ
出力レベル/インピーダンスrec outA、B:120mV/2kΩ
pre out:775mV/2kΩ
Phono最大許容入力(1kHz)310mVrms(870mVp-p)
周波数特性Phono(RIAA偏差):30Hz~15kHz ±0.2dB
MIC:20Hz~20kHz +0.5 -2dB
Tuner、AUX、Tape PB:10Hz~50kHz +0.5 -1dB
SN比Phono1 MC:70dB
Phono1、2 MM:80dB
MIC:70dB
Tuner、AUX、Tape:90dB
トーンコントロールBass:±15dB(50Hz)、ターンオーバー周波数:250Hz、500Hz
Treble:±10dB(10kHz)、ターンオーバー周波数:2.5kHz、5kHz
フィルターLow:20Hz/70Hz、12dB/oct
High:6kHz/12kHz、6dB/oct
ラウドネスコントロール等ラウドネスカーブに準ずるコンティニュアスラウドネス
オーディオミューティング-20dB
<総合>
電源電圧AC100V、50Hz/60Hz
消費電力定格:250W
最大:420W
ACアウトレット電源スイッチ連動:2系統、max200W
電源スイッチ非連動:2系統、max200W
外形寸法幅436x高さ144x奥行323mm
重量15.5kg


参照 https://audio-heritage.jp/YAMAHA/amp/ca-1000.html

今週はヤマハのプリメインアンプCA-1000をご紹介いたします。

1973年ごろのアンプでセパレートアンプとしても使えることはもちろん、

B級-A級の切替まである様々に遊んで楽しめるアンプになっております。

スピーカーセットも3組まで使用できるのもなかなかに珍しいのではないでしょうか。

明日3日より試聴できます。ぜひお楽しみください。